神奈川の林道を走ろう!秦野峠林道は丹沢の山の中を横断する知る人ぞ知るコースです♪

2014年8月9日(土)、湘南ホノルルマラソン倶楽部のイベントで「神奈川県の林道を走ろう!~秦野峠~」に参加してきました!

トレイルでは無くロードを走るコースですが脚力アップにつながりそうです。
台風接近のニュースもありましたが、最後まで雨や風の影響もほとんどなく楽しむことができました!

スタート地点までランで向かいます!

 

本日参加したメンバーは全部で8名。

他のメンバーは小田急線の新松田駅に集合、バスに乗って「寄バス停」に向かいます。

自分は自宅から少し寄り道ランをしつつ、直接「寄バス停」に向かうことにしました。
自宅を出発したのは朝の7時過ぎ。もう日も昇ってだんだん暑くなってきました。

とりあえず松田方面から目的地へと向かいます。

国道246号線の寄入口交差点から寄方面へ・・・

すぐに急坂が始まります。

このままこの道路をずっと行けば目的地に到着するのですが、それでは面白くないので少し遠回り。

写真の青い看板「八沢⇒」となっているのですが、ここを看板通りに右折して八沢方面に向かいます。

八沢方面に向かうとこのような林道に出ます。

この林道は246号線の渋滞時に抜け道になったりするのですが、あまり道幅広くないので車が通ると怖いです。
でも夏場はやっぱり、できるだけ直射日光を避けれるルートを選択していく~。

林道を抜けて道路をしばらく行くと三叉路にぶつかります。

その先を写真の左方向に。太平洋クラブ相模コースゴルフ場の方に上がっていきます。

ここから2キロほど結構きつい登り坂が続きます。

2キロほどの坂を上りきると、ゴルフ場入口の分岐になります。

ここは右の方に行って、ゴルフ場を巻くように先に進んでいきます。

しばらく林道を走ると、個々の林道の記念碑が出現。

ここの林道は「土佐原林道」といいます。
寄~秦野を結ぶ林道で、知っている人にとってはかなりメジャーな林道だったりします。

ここから先もこのような林道が続いていく~。ほとんど車も通らないので快適に走れます。

先ほどの記念碑から先は基本的に緩やかな下り基調。快調に飛ばしていきます。

午前8時30分頃、寄バス停に到着。ここまでで約14キロです。

みんなが乗っているバスの予定到着時刻は8時50分なので、しばしの休憩タイム。。。

少し雲行きが怪しいですが、何とか天気は持つかな?

 

合流してから林道を走る!

寄バス停付近の川沿いのこの辺りは、普段の土日だとバーベキューをする人たちで賑わっています。
さすがに台風が来ているので少ないな。

バスは予定時刻通りに到着。メンバーのみんなと合流します。
早速集合して記念撮影。

 

みんな色とりどりのシューズですな♪ 全員おっさんですので絵図らが汚いのはご容赦くださいw
軽く準備をしてから、早速スタートします。

まずは、バス停から中津川沿いに上流方面へ。10分ほど行くと登り坂の林道に入ります。

みんなそれぞれマイペースで進んでいきます。

バス停から3キロ弱で赤いゲートの橋に到着。一般車両が入ってこれるのはここまでになります。
橋の上からの中津川渓谷。最近雨が降っていないので川の水もとても少ない。

橋を渡るとすぐに一般車両が入れないようにゲートがあります。
ゲートのわきには登山客が通れるように1人分だけの隙間ができています。

そこを通って先へ進みます。
ここからしばらく登り坂が続いていきます。

勾配はそんなにきつくないのですが、ひたすらに登りだと結構大変です。
ちなみに、一般車両が入れないような道路なので、基本的に整備はされていません。
道路の両脇からは草が伸び放題。道路上にも岩がゴロゴロ。
それでも走りやすい方だと思いますけどね。

林道のわきには1キロごとの距離表示看板。林道の総延長は14キロほどあります。

林道沿いにはこのような立派な橋もかかっています。

まったく車も走らない道路なので、貸切状態ですね。
お天気はずっと曇り。でもこの時期にしては暑くないので、逆に走りやすいかな。
それなりに眺望もあるので、自然を満喫できます♪

それでもひたすら登りは続いていくわけです。。。

だんだんみんなのペースの足並みが崩れていく。
ガンバレ、ナカヤン(^o^)丿

ゲートから約6キロほどで秦野峠林道の石碑に到着!

いちおうここが林道の最高到達点。
(登山道の秦野峠はここからちょっと北側にあり、林道の峠よりも約100メートルほど高いところにあります)

とりあえずはここで小休止。

やはり石碑の周りも草がボーボー。

石碑周辺からの丹沢湖方面。曇っていてまったく見えない。
まあ石碑周辺に何があるというわけでもないので、休憩をした後はとっとと先に進みます。

ここから先は下り坂~♪

下りは快調に飛ばしていきます!みんなそれぞれ自分の好きなペースでゴー!

・・・と思いきや、ちょっと下りを走るとすぐに登り返しが・・・((+_+))
この登り返しが結構長い。ゆっくりゆっくり前へ進みます。
曇ってなければもうちょっと景色が良かったんだけどな~。

長い登り返しが終われば、あとは丹沢湖まではずっと下りです。

くだりは気持ちよく走れる~♪

最初のゲートから約14キロほどで丹沢湖側のゲートに到着。

 

ここもゲート脇から通り抜けできます。

ゲートを出て玄倉川にかかる大きな橋を渡れば、もうすぐ次のチェックポイント。

そして玄倉にある丹沢湖ビジターセンターに到着しました。

こには売店やトイレ、バス停などあります。

ビジターセンターについたのが午前11時過ぎ。

寄バス停から約17キロを2時間ちょいで来たので、アップダウンを考えれば結構いいペースです。
売店でジュースやアイスを買って小休止。
丹沢湖も静か。。。

丹沢湖から大野山を目指します!

 

いつもの週末はキャンプ客でにぎわっていますが、やっぱり台風で閑散としています。
明日予定されていた丹沢湖花火大会も雨で順延ですって。しょうがないよね。

ビジターセンターで15分ほど休憩してから出発。
当初の予定よりもかなり早いペースなので、急きょ大野山山頂を経由するコースに変更しました。

雨が少ないので、丹沢湖の貯水量もだいぶ少ないな~。
ビジターセンターから2キロ弱で神縄トンネルに到着。
この脇道から大野山山頂への登山道に入ることができます。

大野山自体の標高はそんなに高くないので舐めていましたが、この登りがかなりキツイ。

しかも草だらけのクモノスだらけ。あんまり人が通ってないんだろうなぁ。
クサリ場があるほどの急坂もあります。ひょえ~。

みんなゼーハー言いながら登ります。
2キロほどの登りでしたが結構大変でした。

中には快適に走れそうなトレイル区間もあります。
かるーくトレランも堪能。

下りはあっという間におしまい。ここからまた林道に入ります。
未舗装の林道をしばらく走ります。

途中で舗装された道路にぶつかります。大野山山頂はもうすぐ目の前です。
ヒーヒー言いながら、何とか大野山山頂に到着しました~♪

時間は13時過ぎくらいです。

大野山山頂で他のランニングクラブの方たちとバッタリ遭遇。
・・・というか、玄倉からこの人たち以外には誰にも会っていませんw

しかも知っている方たちも何人かいたのでビックリ。世の中は狭いです。
山頂は曇っていて少し肌寒いくらい。
何とか最後まで天気は持ちそうかな?

 

他のクラブの方たちとしばし談笑した後、先に進みます。

そのクラブの方たちと目指す目的地が一緒だったので、ここから一緒にさせていただくことになりました。
パーティが一気に倍増です!(^O^)

山頂から少し下ったところにある「まきば館」。
この周辺には県立の牧場があります。そこの施設です。

まきば館には牛乳の自動販売機があります。
とりあえず冷え冷えの牛乳をゲット!冷たくておいしい!

ここから先は駅までひたすらに下りです。
他のクラブの人たちとランデブー。

深沢分岐に到着。
この先に「そば処ふかさわ」というところがあります。
湘南ホノルルマラソンクラブのマラニック企画で訪問する予定です。隠れた名店なのでぜひ行ってみてください!

ここから先は御殿場線の山北駅まで行って、そこから松田駅まで電車で戻るコース。
ただ自分はもうちょっと走りたかったので、単独で松田駅まで走ることにしました。

 

後の行程が遅くなってはいけないので、ここでみなさんと別れて先に行くことにしました。
電車に負けないように、最後の力を振り絞って松田まで走り続けます!!

山北駅から大口を経由して酒匂川沿いのサイクリングコースを激走!
途中で急に雨に降られてずぶ濡れになってしまいましたが、何とか電車組と同じタイミングで15時前に松田で合流することができました。

(そんな訳でかなり必死に走ったので写真ありません。スイマセン<(_ _)>)
松田でみんなと合流した後、いつものように「健楽の湯」へ。


松田駅から徒歩10分ちょっと。入浴料は500円。
やっぱり走った後のお風呂は最高ですね!
お風呂のあとはいつものように?松田駅すぐそばにある「大好きや」でお疲れ様会。
飲み放題食べ放題で税込2,480円です。もう走った後のテッパンのお店ですね!

走り終わった後の生ビールはサイコー♪
ということで本日はここまで。
メンバーの皆さんの走行距離は約30キロちょいだったそうですが、自分はもうちょっと頑張って53キロほどでした。

明日は台風で走れないからちょっと頑張っちゃいました。テヘ。

やっぱりみんなで走るのは楽しいーなぁ (^o^)丿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします