常念岳でトレイルラン! 北アルプスの表銀座で超絶景のトレイルを走り倒そう♪

2014年8月13日(水)、長野県にある百名山の一つ、常念岳にトレイルランに行ってきました。

燕岳から大天井岳を経て常念岳へ抜けるルートは北アルプスの「表銀座」と呼ばれる超絶景が楽しめるルート。
北アルプスの雄姿を楽しむならここからの景色は外せませんね!

 

常念岳の概要

常念岳(じょうねんだけ)のだいたいの場所はこのあたり。

87523cafbaa12aec0f2a77a531ce717e

今回のルートは常念岳だけではなく、その北側にある燕岳(つばくろだけ)、大天井岳(おてんしょうだけ)も併せての縦走です。
(GPSロガーが途中でバグって止まってしまったので標高グラフは下山口まで)

875c371d3f93b1a2fc3919ce5db9346a b18305bd0730e1843e36f0a3f50f75e2

深田久弥曰く

松本から大町へ向かって安曇野を走る電車の窓から、もしそれが冬であれば、前山を越えてピカリと光る真っ白いピラミッドが見える。
私はそこを通るごとに、いつもその美しい峰から目を離さない。
そして今年こそ登ろうと決心を新たにするのが常である。

麓から見上げる常念岳の雄姿は美しいですね。

 

今回のルートは表銀座コースを満喫するオススメルート。
登山だと2泊3日かかりますがトレイルランなら日帰りで十分アタックできます。

新穂高温泉にある登山者用無料駐車場に車を停めて、そこから中房温泉登山口までタクシーで移動。
登山口から燕岳、大天井岳を経由して常念岳に登頂。
常念岳から前常念岳を経由、蝶ケ岳三股登山口まで下山し、林道を駐車場まで15キロほどランして戻りました。

燕岳 標高2,762m ※日本二百名山
大天井岳 標高2,921m ※日本二百名山
常念岳 標高2,857m ※日本百名山

 

登山口まで

 

世間はお盆休み。
自分の場合、特にお盆休みを取るつもりはなかったのですが、お客様がお休みを取ってしまっているため特に急ぎの仕事も無し。

嫁さんと子供も、嫁さんの実家に夏の里帰りをしているので、この週末までは一人でお留守番。

・・・行っちゃう? (-。-)ニヤ

ということで、今回も気の向くままに百名山チャレンジ!

でも、やはりお盆休みということもあるので、メジャーすぎる場所や遠すぎる場所は自殺行為に思える。

それならば、比較的空いていそうな常念岳を目的地にすることにしました。
目的地までは約200キロ。早朝家を出発して行くにはちょっと遠い。

それなら前日の夜に現地入りして車中泊?

色々調べてみると、長野県の塩尻北ICのすぐ近くに「信州健康ランド」というスーパー銭湯みたいなものがあり、そこで仮眠できそうだったので、とりあえず夜のうちにそこまで行っちゃうことにしました。

前日の仕事を少し早めに切り上げ、家でチャチャッと荷造り。

お盆休みで道路も混んでいるだろうと覚悟を決め出発。

16時過ぎに家を出て、富士五湖経由で山梨の甲府へ。
そこから中央道・長野自動車道で塩尻北ICまで行きましたが、20時前には到着しました。

途中の二葉SAで晩御飯食べた時間も含めてなので、予想以上に早く着いたな。
ただ健康ランド自体は激混みでした。駐車場はほぼ満車状態。

なかも家族連れなどで人がいっぱい。やっぱりお盆休みだからなのかな?

dsc_0937

 

料金は夜中の3時までで2,050円。(タオル・館内着こみ)
会員登録すると1,510円で利用できます。
(午前3時を過ぎると1,080円の深夜料がかかります。)

軽く寝るだけのつもりなので、お風呂に入って館内着に着替えて仮眠スペースへ。
時間も21時ごろで周りは騒がしく、「寝れるのか?」と思いましたが、あっという間に寝てしまいましたw
でも、耳栓とアイマスクはあった方がいいかも。今度は持っていこ。

スマホのタイマーで3時前に起き、深夜料金のかからぬうちに着替えて出発。

ほぼいつもの起床時間と変わらない状態で行動開始することができました。

長野方面に来るときはけっこう使える方法だな・・・。

 

健康ランドからは一般道を使って安曇野・穂高温泉に向かいます。

途中のコンビニに寄り、朝ごはんと山での食料を調達。

4時前に穂高温泉しゃくなげ荘の横にある登山者用無料駐車場に到着しました。

こんな時間だからまだ空いているだろう・・・と思っていたら、なんと駐車場は8割がた埋まっているではないですか!
ひょえー、こりゃ早く来て正解だったな。

ここから登山口まではバスで行く予定だったのですが、すでにバス停にはバス待ちの登山者が・・・。(-_-;)

バスの時間は5:20。1時間くらいは車の中でゆっくりしていようかと思ってましたが並ばないとダメか・・・。
そんな風に思いながら車の脇で支度をしていると、ご年配のハイカーの方が声をかけてきました。

「うちらタクシーで登山口まで行くんだけど、いっしょにどう?」

お話を聞くと、3人までは一緒に行く人がいるのであと1人乗合で行く人を探していたようでした。
なかなか1人で行くという人が見つからず、たまたま駐車場に入ってきた自分を見て声をかけてくれたようです。

それはこっちも好都合!二つ返事でOKして同乗させていただくことにしました。
(よってバタバタ急いで準備したので写真はありません。ゴメンナサイ)

駐車場から中房温泉登山口まではタクシーで40分ほど。
タクシー代は割り勘で1,750円でした。バス料金は1,200円ですが、この状況を考えれば安いもんです。
スタート時間も1時間ほど早くなりましたしね。

タクシーの道中、運転手さんがいろいろお話をしてくださいましたが、やはり今年のお盆ウィークは例年以上にお客さんが多いそうです。
やっぱりブームなのかな?

 

中房温泉登山口(5:00)~合戦小屋(6:15)~燕岳(7:00)

 

中房温泉登山口に5時前に到着。登山口の標高は1,450m。

dsc_0938

 

夜明け前ですがもうすっかり明るくなっていました。

朝から登山客でけっこういっぱいです。マイナーな山かと思っていたら燕岳は結構人気の山だったんですね(-_-;)

dsc_0939

 

登山計画書の提出・トイレを済まし、タクシーに同乗していたハイカーの方と少し談笑してからさっそく出発です。

うほ。いきなり渋滞です。みんな混みはじめる前に登ろうということですね。

dsc_0940

 

でも、トレランスタイルの自分が後ろにくっつくと何も言わずに皆さん道を譲ってくれます。
何もしていないのですが、無言のプレッシャーをかけてしまっているのかな?

最初のうちはけっこう混んでいたのですが、しばらくするとハイカーもまばらになってきました。

dsc_0942

 

5:35 第二ベンチ到着

 

最初からひたすら登りが続いていきます。急坂なので走れるところはほとんどありません。

そもそも渋滞していて走りようがないですけど・・・。

dsc_0943

昨日の雨のせいか、登山道もドロドロのところが多い。
ガレているところが多いかな?

dsc_0944

最初のうちは眺望はそんなにないですが、しばらく行くと木々の間から周りが見えてきます。

dsc_0946

夜明けの山のシルエットがきれいです。

6:15 合戦小屋

dsc_0948

ここはスイカが名物だそうです。まだ時間が早くてやっていませんが・・・(泣)

dsc_0951

むかし、坂上田村麻呂が山に住む妖怪と戦ったことがこの小屋の名前の由来だとか。

混む前に先を急ぎます。

dsc_0953

このあたりから登山道も岩や砂が多くなってきます。鳳凰山のときのような感じ。
ここから燕岳までは北アルプス3大急坂なんだそうだ。
そんなでもないんじゃね?っていうのが自分の感想。
木々の背も低くなってきて眺望が開けてきます。

dsc_0952

穂高連峰の山々がきれいだ!天気もいいしサイコーっす!

 

見にくいかもしれませんが、写真の真ん中あたりに燕山荘という山小屋が見えます。

dsc_0954

とりあえずあそこまで頑張るぞ!

急坂なことは急坂なんですが、登山道が非常に整備されているので登りやすいです。

dsc_0958

 

6:45 燕山荘

 

山小屋周辺はもう人だかり。おそらく宿泊者の方なのかな?
いろいろ出発の準備をしていました。

dsc_0960

腰を下ろすベンチも埋まっているので休めない。(-_-;)
燕山荘から見た槍ヶ岳。写真では伝わらないかもしれないですが壮大です。

dsc_0964

 

右上にまだお月様が残ってる。。。
燕山荘からみた燕岳。一番左端手前がそれです。

dsc_0962

 

とりあえずあそこまで行ってみよう!

7:00 燕岳山頂

 

人がいっぱいで狭い。。。

dsc_0971

 

ちなみにこんな岩を登ってきます。高い・・・

dsc_0967

 

燕岳山頂から見た燕山荘。
ここまでの稜線は走れるよ。

dsc_0969

山頂で記念撮影。お願いして撮ってもらいました♪

dsc_0973

 

山頂は風が強くて寒い~。一人だけ半袖半ズボンという場違いな恰好だから?(-_-;)
動いていないと凍えそうなのでとっとと先に行きます!

燕山荘(7:15)~大下りの頭(7:45)~大天井岳(9:00)

燕岳山頂から燕山荘までいったん戻って再スタート。

dsc_0974

 

ここからは稜線沿いの登山道を進みます。
北アルプスの山々を見ながらタッタカタ♪

dsc_0975

 

岩は多いですが走れます!まだまだハイカーも少ないので快調に飛ばします。

dsc_0976

 

ただこのような急な下りや登りもあるのね~。

dsc_0977

7:45 大下りの頭

 

燕山荘からキロ10分のペース。

dsc_0979

知っている方なら、このくらいの山々をこのペースで走れるということはいかに走りやすいか分かってもらえるかと。
このような鎖場もありますが、非常に整備された登山道なので初心者ハイカーでも大丈夫です。

dsc_0982

 

岩肌には小林喜作のレリーフ。

dsc_0988

ひたすらに稜線を走る~♪

dsc_0983

2,700~2,800m級の稜線ですが、息苦しくなることはありません。
少しは体力ついたかな?

燕山荘から約1時間半ほどで大天井岳ふもとにある大天荘に到着。

dsc_0994

ここも結構人がいっぱいです。
大天井岳の山頂はここから5分ちょっと登ったところ。

dsc_1000

大天井岳の山頂から見た穂高連峰。やっぱり槍ヶ岳の存在感はすごいな。

dsc_1005

9:00 大天井岳山頂

 

燕岳ほどではないですが山頂は結構賑わっていました。
ここの山頂の祠は槍ヶ岳の祠と同じデザインなんだそうだ。

dsc_1011

大天荘前の広場に戻った後、少し早いですがお昼ご飯?
朝飯は3時過ぎなのでおなか減っちゃって・・・。

dsc_1003

コンビニのおにぎりを2ついただいてエネルギー補給。
ちょっとだけ休憩した後、先を目指します。

 

大天荘(9:15)~東天井岳(9:40)~常念小屋(10:20)~常念岳(11:10)

大天荘から先も同じような稜線沿いの道が続きます。

dsc_1012

ただ、ちょっと岩が多くなってきたような気がします。

dsc_1013

あいかわらず走る~♪

9:40 東天井岳

 

この岳を巻くように稜線は続きます。北側の尾根には残雪も。8月に雪を見るとは・・・。
ここから先は岩ゴロゴロ。慎重に先を進みます。

dsc_1014

砂と岩のトレイル。
あいかわらず天気はサイコーです♪

dsc_1020

もう少しで常念岳・・・というところで、鬼の劇くだり!

dsc_1023

遥か下に見えるのが常念岳のふもとにある常念小屋です。
そして少し視線を上にずらすと常念岳の山頂が!

dsc_1024-1

一回ここを下ってからまた登り返すのか・・・。(-_-;)

そうは言っても降りないことには先に進めない。
がんばっておりまーす♪

10:20 常念小屋

 

この小屋の周りにはキャンプサイトもあり、多くの登山客でいっぱいでした。

dsc_1025

ここから常念岳山頂まで430m。一気に登ります。

dsc_1026

見上げるはるか先に山頂が・・・見えない。

途中の尾根が邪魔になって山頂は見えず。

ここからは激しい岩場が続きます。
赤い丸印を頼りに上を目指します。

dsc_1030

途中で振り返ると遥か下に先ほどの小屋が・・・。
結構な急こう配です。
あともうちょいで山頂!ガンバレ!

dsc_1029

11:10 常念岳山頂

dsc_1035

狭い!人口密度高!写真撮影の順番待ち。

またまたお願いして写真撮ってもらいました。

dsc_1039

これで百名山も3つ目を制覇!イェーイ(^o^)丿
蝶ケ岳・上高地方面

dsc_1041

槍ヶ岳方面。

dsc_1040

大天井岳・燕岳方面。

dsc_1037

360度パノラマです。雲がもうちょっと少なければ富士山まで見えるそうですよ。
この景色をしばし堪能した後、先に進みます。
・・・というか降りないと、後から来た人たちが上がれないし。

常念岳(11:10)~前常念岳(11:50)~三股登山口(13:30)

dsc_1043

ここからは下山ルート。
一般的なルートは常念小屋まで戻って一ノ沢登山口に降りるのが定番みたいですが、時間もまだ余裕があったので前常念岳から下山するルートを選択しました。

後々、これを後悔することに・・・。

下山ルートから常念岳を振り返ります。さらば!
そしてここからが大変!

dsc_1045

すごい急坂で、しかも岩稜地帯が続きます。

登山道・・・というよりも大きな岩につかまりながら降りる感じです。

dsc_1049

石積みの小屋が・・・。なかには6畳ほどのスペースですが誰もいません。

dsc_1046

めちゃめちゃ急な登山道です。下山するまでにすれ違ったり追い越したグループは両手で足りるくらい。

先ほどのまでのにぎやかだった山はどこへ行ってしまったのでしょう?
こんな下りが延々と続いていきます。

dsc_1051

途中には親切に脚立があるところも。
ようやく岩稜地帯を抜けると、こんどは樹林地帯へ。

ここでも急坂が続きます。

dsc_1052

しかも泥でグチャグチャ。登山道の真ん中は歩けません。

 

倒れた丸太や岩をぴょんぴょんしながら下っていきます。

とてもじゃないけど歩くのすら大変です。

dsc_1053

こっちのルートを選択したことを激しく後悔しながら進んでいきました。
あとちょっとでおしまいというところで渓流はっけん!

dsc_1058

泥だらけになったシューズを洗わせてもらいます。

さすがに北アルプスにはヒルはいないでしょ?

水は冷たくて気持ち良いです♪
登山道手前にこんな看板が・・・。

dsc_1057

「疲労による遭難が・・・」

確かに・・・。こりゃ大変なルートだ。

そんなこんなで何とか登山道入口まで下りてきました。

dsc_1061

小屋とトイレはあるけど誰もいません。

dsc_1062

駐車場にはそこそこの台数の車が停まっています。
おそらく蝶ケ岳に行く人がほとんどでしょう。

 

三股登山口(13:30)~穂高温泉しゃくなげ荘・駐車場ゴール(15:15)

登山道入り口からは舗装された林道です。

dsc_1063

一ノ沢登山口にはバスが停まるのですが、三股登山道にはバスが来ません。
疲れた足にムチを打ってもうひとっ走りします。
でも緩やかなくだり基調ですし、安曇野の森林の中なので涼しく気持ちよく走れます。
車もほとんど通らないですし。

途中から梓川?渓谷と並走する形になります。

dsc_1065

沢のせせらぎが良いですね~。
ゴルフ場のわきを抜けて幹線道路にぶつかります。
車どおりが多い幹線道路に出ると一気に暑く感じる。

dsc_1066

あともうちょっと。
途中で北アルプス牧場直売店なるものが!

dsc_1068

 

思わず直売所でソフトクリームゲット!
この大きさで330円はさすがにリゾート価格だと思いますが、冷たくて濃厚でおいしいです♪

dsc_1067

ソフトクリームで最後の力を充電して、ようやくゴール。

dsc_1069

 

なんだかんだ言って、登山口から林道を走った距離は15キロ弱。

一ノ沢登山口だったら10キロも無かったのにね。((+_+))

 

アフターラン

駐車場のすぐわきにあるしゃくなげ荘の日帰り温泉施設によって汗を流しました。

dsc_1070

料金は大人410円。
内湯しかないですが、本物の温泉です。

やっぱり走った後の温泉は気持ちよいです~♪
そして最後の締めはコーラということで (^o^)丿

dsc_1071

 

今回もケガなく無事に帰って来れました。
4時半ごろに現地を出たのですが、渋滞も特になく9時前には帰宅できました。

 

まとめ

 

本日の行動距離は約38キロ。
中房温泉登山口から三股登山口までの「山と高原の地図」の標準登山時間(休憩時間含まず)が19時間。
それに対する自分の所要時間(休憩時間含む)が8.5時間なので、短縮率は約45%。

なかなか30%台の道は遠いっす。
燕岳~大天井岳~常念岳までの縦走コースは比較的走れるトレイルが多いのでオススメです♪

これで百名山チャレンジが3座目。
先は長いですが楽しいですね♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です