第34回富士吉田火祭りロードレースに参加!登りも下りも激しいキツイレースです♪

2014年8月24日(日)、山梨県富士吉田市で開催された「第34回富士吉田火祭りロードレース」に参加してきました。

富士吉田火祭りロードレースとは?

 

距離はハーフマラソンと同じ21キロちょい。ただ他のハーフマラソンと違うのは「コースのほぼ全てが登りか下りしかない」というトコロ。
何といっても富士山のふもとで行われるレースですからね・・・。

いろんなマラソン大会に参加している方たちの多くが「一番キツいハーフマラソン」と言っているくらいです。
(-。-)y-゜゜゜
SHMCのメンバーも多く参加しているので、メンバーの車に便乗させてもらい会場に行くことにしました。

 

スタートからゴールまで

 

朝の6時半に小田急小田原線の開成駅に集合。

dsc_1150-640x360

ここから須走~山中湖経由で富士吉田に向かいます。

1時間半ほどで会場の富士北麓公園陸上競技場に到着しました♪

dsc_1151-640x360

陸上競技場の標高はちょうど1,000メートル。

ただ、夏の暑さはさほど変わりはありません。下界が暑ければここも暑い。

ただ今日は雲も多くてそんなに暑くはなかったです。気温も26~27度くらいだったかと思います。

受付を済ませて荷物の準備。スタートまで1時間以上あったのですが、あっという間に時間がたってしまいました。

dsc_1152-640x360

 

(ちなみにカメラ用のアームホルダーを忘れてしまったので、レース中の写真はありません。。。)
<m(__)m>
スタート時間は午前9時50分。時間通りに一斉にスタート。

 

スタート列の後方に並んでいたので、スタート後しばらくは大渋滞にハマってしまいました。

何とか人混みをかき分けつつ、自分のペースで走れるポイントを探します。

スタートから8キロ過ぎくらいまでは基本的に登り坂。
しかもそこそこの勾配のある坂道です。

道幅もそれほど広くないので、すんなりと抜かすことも難しい。

確かに登り坂はきついのですが、思ったよりも走れているなぁ・・・って感覚でした。
多分、ここのところトレイルや峠走などで登りを鍛えていたので、筋力がパワーアップしていたのかも?

何とかペースを落とさずに登り坂をクリアしました!
登りが終わったと思ったら、今度は反対にながーい下り坂に突入。

だいたい15キロ付近までは基本的に下り坂が続きます。

いきなりペースチェンジキロ6分近いペースからキロ4分のペースへ!

ながーい下り坂が終わったと思ったら、今度はまた登り坂。そして下り坂。またまた登り坂…。

もう登ったり下ったりで足がヒィヒィいっちょりましたw
それでもなんとか最後まで歩かずにゴール!

正式なタイムは記録証が後日郵送されて分かると思うのですが、自分の時計では1時間38分ちょっとでした。

だいたい平地のハーフマラソン大会よりも、このコースでは10~15分ほどタイムがかかるということなので、まずまずの結果だと思います。

走り終わった後の競技場。

dsc_1154-640x360

 

みんな満足そうな顔をしておりました♪

そして走り終わった後は恒例のコーラ!

・・・売店で「富士山コーラ」なるものをゲット!

dsc_1157-640x360

 

見た目が黒くない!白い!
ちなみにお味は・・・・・むかし駄菓子屋に売っていた水で溶かす粉末のコーラを炭酸で割ったような感じ。
(;´Д`)

このあとはみんなでお風呂に行って居酒屋で打ち上げをしました♪

秋になればマラソン大会のシーズンになります。

それまでには、今よりもうちょい走れるようトレーニングします!
(´▽`*)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします