紅葉の丹沢を縦走♪ 塔ノ岳と丹沢山と蛭ヶ岳から中川温泉へ抜けるゴールデンコース

2014年11月15日(土)、湘南ホノルルマラソン倶楽部の企画で丹沢にトレイルランに行ってきました。

丹沢を代表する塔ノ岳や丹沢山、蛭ヶ岳を経て中川温泉へ抜けていくというルート。
普通のハイカーなら1泊から2泊かけていくところをトレイルランで日帰りで駆け抜けます!

秋の丹沢をフル満喫するゴールデンルートの概要

 

今回のコースは大倉登山口がスタート地点。
塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、臼ヶ岳、檜洞丸を経由して西丹沢自然教室へ。
そこからロードを下って中川温泉まで行きます。
トレイル区間は約21キロ、ロード区間は約5キロですが、累積標高差は2,300メートル以上あるので結構キツイルートです。

 

標準コースタイムは13時間以上ですので、ちょっとハイペースで進まないといけません。

【本日のピーク】

塔ノ岳 1,491m
丹沢山 1,567m
蛭ヶ岳 1,673m
臼ヶ岳 1,460m
檜洞丸 1,601m

ちなみに丹沢山系は日本百名山の一つ。蛭ヶ岳は丹沢山系の最高峰でもあります。

 

スタート~大倉(7:18)~塔ノ岳(9:17)

集合時間は午前6時40分。小田急線渋沢駅に集合です。
朝は早くて大変かもしれませんが、この時期は日が落ちるのが早いので早めに行動しないと・・・。

まずは渋沢駅6:48分発のバスで大倉登山口に向かいます。
朝早くにかかわらずバスは多くのハイカーでいっぱいいっぱいでした。

7時過ぎには大倉登山口に到着しました。

大倉登山口にあるバス停周辺で荷物のチェックとトイレを済ませます。
今回の参加者は全部で14名。ビジターの方も多いので自己紹介とあいさつをさせてもらいます。

恒例となった左足での円陣!みんなカラフルなシューズですね♪

まぁ、最後には真っ黒になるわけですけど(-_-;)

本日参加のメンバーです!
今回も男子会となってしまいました~(-。-)y-゜゜゜

集合写真を撮った後、さっそくスタートします!

バス停から しばらくロードの登りがあります。

すーさんが「登りも走るの?」と言うので「あたりまえじゃないっすか!」と気合注入!

ビジターの皆さんも健脚ぞろいなのでどんどん先へ進みます 。

ハイカーの方も多いのですれ違う時はペースを落としていきます。

まだまだ皆さん余裕っすね♪

あっという間に見晴茶屋に到着。天気も良くて暑いくらいです。

ふと後ろを振り返れば照りつける太陽。海までよく見える♪

大倉の登山口から塔の岳山頂までは通称「バカ尾根」と呼ばれる登りが続きます。

標高差1,200メートルを一気に登りますよ!がんばろう!

スタート時点では肌寒かったですが、登りが続くうちに暑くなってくる・・・。

本日もピンクの参加者。でもいつもと違っておじさんじゃないです。
本日最年少参加のT島君。なんと中川温泉に車を停めて大倉まで自転車で来たんだって。
スタート前に30kmの道のりをバイクで登ってきた強者です。

ところどころ走れるポイントもあります~♪

でもハイカーが多いので、ペースはなかなか上がらないですけどね。

紅葉のハイシーズンなのでハイカーもすっごい多いのです。

一部崩落した登山道を慎重に進んでいきます。

だんだん標高も上がったくると岩っぽい登山道になります。

それでも丹沢の登山道は整備されているので歩きやすい。

木階段の登り。

左にいらっしゃるお父さんはかなりのハイペースで登っていられました。

お話を聞くと70歳過ぎなのだとか。それでも自分たちとあんまり変わらないペースで登っているのはスゴイ!

花立山荘に到着。頂上まではあと少しです。

おーい、がんばれー!

隊長が後続のメンバーをお出迎え~♪

花立山荘を過ぎれば山頂まではもう少しです。

振り返ってポーズをとるWAXOFF。実は彼の荷物にはとんでもないものが入っていました。

真相は最後に明らかになります・・・。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

そして塔の岳の山頂に到着!

それまでは少し暑いくらいでしたが、山頂付近は風もあって寒い・・・。

横で話をしていた方がいうには気温は0度だったということ。

天気も良くて眺望もサイコーです。

で今まで登った丹沢で一番天気がよかったかも。富士山もキレイ♪

南の方を見れば相模湾も一望できます。はるか遠くに伊豆諸島も!

東の方には房総半島も見えます。いい天気ですね!

大倉登山口を出発してから山頂到着までちょうど2時間くらいで着きました。

 

 

塔ノ岳(9:30)~丹沢山(10:00)~鬼が岩(10:50)~蛭ヶ岳(11:08)

 

塔の岳で小休止した後、今度は丹沢山を目指します。

塔の岳から 丹沢山までは比較的走れる区間が多いので飛ばしていきますよ。

ただ霜柱ができているため、陽にさらされると溶けでトレイルがぐちゃぐちゃになります。

シューズは真っ黒~((+_+))

どんどん先へ進みます!

目指す丹沢さんはすぐそこ・・・のように見えて結構あります。

トレイルから見下ろすユーシン渓谷。

このあたりの紅葉はもう終わっていました。やっぱり山頂付近は早いのね。

ということで丹沢山に到着。

9時30分に塔の岳を出発して丹沢山に着いたのが10時ちょうど。

30分で着いたので良いペースですね。

丹沢山の山頂付近の様子。私たち以外のパーティは2~3組くらい。

まだまだ先があるので、ちょっと休んでどんどん進みます。

丹沢山からさきは進路を西に取ります。

正面に富士山を見ながら進みます。

丹沢山から蛭ヶ岳へ行くのにいったん下ります。

せっかく登ったのに・・・と思わないでね。これが山ですから。

隊長率いる先頭集団はどんどん先へ進んでいきます。

シンガリ担当のおいらも負けずについていくぞ!

下りがあれば登りがあるというもの。

アップダウンの繰り返しは 足に来ますね。

もうこのあたりの木々は冬モードです。

紅葉はあったのかな??・

どんどん先へ進んでいきます!

丹沢の山々の稜線がくっきり見えます。

天気が良い日に走れるのは幸せですね♪

上の方から先頭集団をパチリ☆

「おーい、写真撮るよ!ハイ、チーズ!」

目の前に蛭ヶ岳が見えてきました。存在感がありますね(^o^)丿

鬼が岩の間から見た蛭ヶ岳。ここにはクサリ場がありますので気を付けましょう。

慎重に下っていきます。

下から見上げてもかなりの高低差。ひゃー、高い!(-_-;)

クサリ場を下れば蛭ヶ岳まではあと少しです!

そして ようやく蛭ヶ岳に到着しました~♪

多くの人で賑わっていましたよ。

蛭ヶ岳山頂で集合写真。山頂付近はやはり寒いのです・・・。

 

蛭ヶ岳山頂から見た南側の風景。遠くに海が見える。

少し雲が出てしまいましたが、富士山も良く見えますね。

写真の中央には山中湖も見えます。

東側には相模原も一望。真ん中に見えるのは宮ケ瀬湖です。

丹沢 山から蛭ヶ岳までは1時間で到着です♪

蛭ヶ岳まで来たのでここで少し長めの休憩タイム。

お昼ご飯を頂きましょう。みんな持ってきたおにぎりやパンをむしゃむしゃ。

後半に向けてエネルギーをチャージします。

 

蛭ヶ岳(11:25)~臼ヶ岳(12:25)~檜洞丸(13:00)

 

蛭ヶ岳で休憩をした後のリスタート。

ここからが今日のハイライトとなります。

蛭ヶ岳から先はちょっと危険な区域が連続します。

一気に標高を300メートル下っていきます。

しかも下り方が結構ハードな区間が続きます。

クサリ場が連続していくので気が抜けません。

ここは慌てずにゆっくりと下っていきます。

一人づつ慎重に・・・。

稜線沿いのトレイルも少しやせた尾根沿いを走っていきます。

両サイドはすこし崩落気味なので気を付けないとね。

振り返って蛭ヶ岳を臨みます。

写真からでも勾配がきついのが良く分かりますね。

途中の臼ヶ岳で一息。とりあえずの危険区域は抜けたのでほっと一安心。

あの稜線沿いを進んできたんだなぁと思うとちょっと感慨深いものがありますね。

まだまだ先はあるのでどんどん進みます。

走れるところもあるのですが、勾配もきついのでスピードは上がりません。

登っては下り、下っては登りの繰り返しです。

このあたりから足がやばいというメンバーも出てきました。

さすがにキツイかな・・・(^_^.)

登山道が崩落しているところにはハシゴがかかっています。

太陽がまぶしい!(>_<)

先頭集団はどんどん先へとすすんで行きます~♪

アッキーさんも頑張ってついてきますよ~♪

 

さぁ、檜洞丸まではあと少しです。

ようやく山頂も見えてきました!

山頂のすぐ下にある「青ヶ岳山荘」に到着しました。

ここまでくれば山頂もあと少しです。

今日は山荘もオープンしていました。

コーラは500円、カップラーメン600円・・・。

山荘からは5分で山頂につきます。佐川さん、がんばって!(^o^)丿

 

そして本日の最後のピーク、檜洞丸に到着しました!

いやぁ~、長かったですね?

これで今日の登りはおしまいというとみんなニコニコしていました(^O^)

蛭ヶ岳~檜洞丸までは約1時間半なのでペースは良いですね。

山頂付近は少し肌寒いのですが、ちょっと降りればそんなではありません。

自分は上着を使わずに何とか持ちこたえたぞな。

檜洞丸で小休止をした後、最後の下りに入ります。

ここから約5キロほど下り区間が続きます。

 

檜洞丸(13:25)~西丹沢自然教室(14:45)~中川温泉(15:10)

 

最初のうちは階段の下りが続きます。

しばらくするとガレタ下りに変わります。

なかなか思うようにスピードには乗れませんね。

途中で道を間違えた・・・。強引に復帰する佐川さん。

檜洞丸から約2キロ。ちょっと下るのも飽きてきたかな。

えー、下りだけじゃないの?(>_<)

・・・登りったって10mやそこらじゃないですか。頑張りましょう!

山頂付近はそうでもなかったですが、標高が下がるにつれて紅葉もきれいになってきました。

丹沢湖あたりは今頃が見ごろかも?

 

どんどん下っていきますよ。

さぁ、あともうちょっとです!

ようやく下り基調のトレイルを抜けてゴーラ沢まで出てきました。

ゴーラ沢という渓谷に出ます。

川のせせらぎが疲れを癒してくれます。

このあたりまで下りてくるとポカポカ陽気で気持ち良いですね(^o^)丿

すこしだけ沢沿いの河原を下っていきます。

途中で沢を渡渉します。

水にぬれないように飛び石をピョンピョンして!

石がグラグラして安定しませんが思い切ってジャンプ!

渡渉した先は整備されたトレイルが2キロほど続いていきます。

緩やかな下り基調ということもあって快適に飛ばしていきます。

いままで思いっきり走れなかったのでどんどん飛ばしますよ♪

トレイルが終わると自動車道の舗装路へと出てきます。

あー、ようやく終わった・・・と思うのはまだまだ早い!

ここから4キロちょっとロード区間が待っています。

舗装路にでてちょっと下ると西丹沢自然教室に出ます。

ここにバス停があるのですが、ここでは乗りません。

ロードを下っていきます。あとちょっと頑張って!

ゴーゴー!

ロード区間の途中にある「箒杉(ほうきすぎ)」という天然記念物。

樹齢200年以上の立派な杉です。

さぁ、最後のスパートです。ゴールは目の前(^O^)

そしてみんな揃って中川温泉に到着しました。お疲れ様です。

今回利用させていただく「中川温泉ぶなの湯」に着きました。

後はそろって集合写真。みなさん、疲れているけどいい表情です。(-。-)y-゜゜゜

そして恒例の右足での円陣。

あれ、ひとり違う靴が混じっている・・・・・?

 

アフターラン

 

みんな疲れているのでさっそく温泉へ・・・と思ったら温泉は大混雑!

イモ洗い状態で体を洗います。脱衣所も浴場もそんなに広くはないのですが、人であふれかえっていました。

やっぱりシーズン中は混むんですね。
ちなみに利用料は大人2時間で700円。(タオルは有料)

それでも疲れた体に温泉のお湯はサイコーですね(^o^)丿

温泉について一息ついていたら平澤さんが荷物からゴソゴソ・・・。

何を取り出すかと思ったら、荷物から薩摩焼酎「赤霧島」がでてくるではありませんか!

えーっ!もしかしてこれ背負って走ってたの???

さすが・・・ハッシャーには敵いませんな((+_+))

せっかくですので御馳走になりました。口当たりもよく美味しいですね。

 

中川温泉を16:38分発のバスに乗り、JR東海御殿場線の谷峨駅へ。

谷峨駅17:28発の御殿場線で松田駅まで戻ってきました。

 

松田に着いたのが17:45ころ。

もちろんここまで来たら馴染みの「大好きや」で懇親会です。

本日の懇親会参加は10名。いつもの2,480円食べ放題飲み放題コースでキマリ(^o^)丿

とりあえずビールで乾杯!

おなかも減ったのでこれでもかというくらい食べてきました。

今日使ったカロリーは取り戻さないとね!

このあと今日の感想やトレイル談義に花を咲かせました。

本日の走行距離はトレイル22キロにロード4キロの26キロちょっと。

累積標高差は約2,500メートルでした。

ちょっとハードなコースでしたが、まだまだ余裕があったかな?

みんなえげつないコースの方が好きそうなので企画する方も大変です(-_-;)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします