箱根の外輪山を満喫♪~紅葉の箱根トレイルマラニック~

だんだんと秋の空気に切り替わってきた10月。
秋の箱根を満喫するために箱根の外輪山へトライルランに行ってきました~♪

 

紅葉の箱根トレイルマラニック♪

 

2016年10月22日(土)、湘南ホノルルマラソン倶楽部の10月イベント企画「紅葉の箱根トレイルマラニック♪」に行ってきました。
今回のイベントの企画・運営はワタクシが担当させていただいております~(^o^)丿

箱根湯本駅をスタートして明神ケ岳や金時山を縦走していくAコースと、バスで桃源台まで移動して下り基調で降りてくるBコースの2パターンをご用意。
(芦ノ湖畔を周遊するCコースもあったのですが、今回は人数の関係で開催しませんでした)

自分はAコースの案内役としてみんなを先導していきましたよ!

今回のAコースのコースマップはコチラ♪

20161022map

箱根湯本駅をスタートしてから箱根北側の外輪山を縦走していきます。
塔ノ峰、明星ケ岳、明神ケ岳を経由して人気のスポット・金時山を目指します。
金時山から乙女峠、長尾峠を経て芦ノ湖の北端・湖尻へ。
当初は芦ノ湖に西側湖畔のトレイルを走る予定でしたが、時間の関係で芦ノ湖の東湖畔の散策路を元箱根までラン。
元箱根からは箱根旧道を一気に湯本まで下って行きます。

総距離は約43キロ。1日がかりのマラニックでした~♪

 

スタート(7:00)~塔ノ峰(7:40)~明星ヶ岳(8:40)

本日の集合は午前6時30分に箱根湯本駅の改札前。

本当はもうチョット早くにスタートしたかったのですが、電車の時間を考えるとこの時間がギリギリと言うトコロ。

dsc03956

早朝の箱根湯本駅はヒッソリとしていますが、夕方にもなれば人でごった返しです。

今回のAコースの参加メンバーは15人。
集合メンバーで記念撮影。(2名ほど遅刻です・・・)

dsc03954

当初は6時40分くらいのスタート予定でしたが、なんだかんだと出発に時間がかかってしまい7時前に出発。

まずは箱根湯本駅西側のガードをくぐって急坂を登り始めます。
最初からキツイ坂が続きますが、ここは頑張って登っていきましょう。

dsc03957

1Kmほど先へ進んでいくと、阿弥陀寺へと向かう参詣道へ。
ここから阿弥陀寺までグググッと登り坂が続いていきます。

登り坂が終われば箱根を代表するお寺「阿弥陀寺」に到着。
ある意味で箱根でトレランする人間にとっては一番なじみの深いお寺かもしれません。

dsc03963

ここでまずは今日一日の安全を祈願してお参り。
全員で集合写真を撮ってから先へ進みます。

阿弥陀寺の右側の脇を通り抜ければ裏山へ続くような登山道につながっていきます。
初めての人にとってはちょっと分かりにくいかもしれないのでご注意を・・・。

dsc03964

阿弥陀寺からしばらくはトレイルの登り坂が続いていきます。
ほぼ一本道ですので迷うことは無いかな。

dsc03967

20分ほど登っていけば、まずは最初のチェックポイントの塔ノ峰に到着。

dsc03970
いちおう山頂なのですが、全く眺望はありません。
ただのチェックポイントと割り切って先へ進んでいきましょう。

dsc03969

塔ノ峰から西へ向かってトレイルを走っていきます。
このあたりは快調に飛ばしていけるポイントですね。

dsc03972

トレイルを抜けると車道に出ます。
ここから明星ヶ岳」の登山口までは1キロちょっと車道を走っていきます。

dsc03979

車道の北側に明星ヶ岳へつながっていくトレイルの入り口があります。
ここからが本格的なトレイルの本番。気合を入れていきましょう!

dsc03982

木階段の登りや少し崩落したところもありますが、全般的に整備されているトレイルなので進みやすいです。
あとはひたすら気合を入れて登っていくだけ~。

dsc03983

登山道の入り口から40分ほどで明星ヶ岳の山頂に到着。

dsc03987

ここも周りが背の高いクマザサに覆われているのでほとんど眺望はありません。
明星ヶ岳の看板が立っていなければここが山頂だと気づかない人も多いかも?

ちょっとだけ休憩をして先へ進みます。

dsc03989

 

明神ヶ岳(9:00)~矢倉沢峠(10:00)~金時山(11:10)

明星ヶ岳の山頂からは緩い下りのトレイルが続いていきます。
背の低いクマザサを両側にみながら、トレイルを快適に飛ばしていくことが出来ますよ。
このあたりは本当に走りやすいのでトレランを楽しみたい方には絶好のコースです。

dsc03990

緩やかなアップダウンを繰り返しながらしばらく進んでいけば、あっという間に明神ヶ岳の山頂に到着します。

dsc03997

本来であればこの辺りからの眺望は非常に素晴らしいのですが、本日はあいにくガスがかかっているため何も見えません。
富士山や金時山、箱根の仙石原などが一望できるビュースポットです。
お昼ご飯を食べたりするにもほどよい広場がありますので休憩場所としておすすめですね。

dsc04001

曇っていて風も冷たいので、じっとしていると少し寒いくらい。
10分ほどだけ小休止をしてから先へと進んでいきます。

明神ヶ岳から先も非常に走りやすいトレイルが続いていきます。

dsc04003

途中で火打石山をぐるっと巻いていき、クマザサの下りを進んでいくと、次のチェックポイントである矢倉沢峠が目の前に広がります。

dsc04006

矢倉沢峠は金時山、仙石原、明神、足柄林道へと4方向に分岐するポイント。

dsc04007

実はこの矢倉沢峠には知る人ぞ知るお楽しみポイントがあります。
週末限定でこの矢倉沢峠には「うぐいす茶屋」という休憩所がオープンするのです。

dsc04009

缶ビール1本350円ですが、ビールを買うと次から次へといろんなおつまみが出てきます。
冷ややっこ、おしんこ、焼き鳥、キノコのお浸し、アジの干物にシメサバ・・・

dsc04010

缶ビール買うだけでこんなにつまみが出てきてビックリ!
ホントは先へ進まないといけないのに、しばらくここで居酒屋状態なのですよ。

ビール以外にもジュース150円、焼き鳥1本50円(ホントは焼き鳥は売り物です)とリーズナブル。
週末に金時山にお出かけの際には、矢倉沢峠のうぐいす茶屋をお勧めしますよ♪

・・・と、ちょっとうぐいす茶屋のハニートラップにはまってしまいましたが、気を取り直して再スタート。
(30分以上、時間をロスしてしまった・・・)

dsc04012

矢倉沢峠から金時山の山頂までは普通に登れば40分弱ですが、ウチラが登れば20分ちょっとで登頂できます。

dsc04014
ただ、この日は秋の行楽シーズンの週末。
一般の登山者も非常に多くてなかなか思ったようなペースでは登っていけません。

dsc04013

それでもうぐいす茶屋のビール効果?のおかげなのか、あっという間に金時山の山頂に到着。

dsc04017

案の定、ガスっていて何も見えない山頂でしたが、多くの登山客でにぎわっていました。
思ったよりも寒くはありませんでしたが、汗でびっしょりのウェアではじっとしていると寒くなってきます。
みんなで記念撮影だけ済ませて先へ進んでいくことにしましょう。

dsc04020

 

乙女峠(12:10)~湖尻水門(13:10)~桃源台(13:30)

金時山からはゴツゴツした岩場を少し下り、急坂の坂道を下りていきます。
40分ほど進めば乙女峠に到着。

dsc04028

乙女峠から少しだけ登り返していけば本日最後のピークポイントの丸岳に到着。
この丸岳には電波塔が立っているので遠くから見ても目立ちますね。

dsc04030

丸岳を少しだけ南に降りていくと長尾峠の下山ポイントにつきます。

dsc04032
この下山ポイントから20分ほど下ると箱根仙石原ゴルフ場の中の林道へ出てきます。

dsc04035

この林道を南に向かって3~4キロほど走っていくと芦ノ湖の湖尻水門に到着。
この湖尻水門は箱根湯本や早川漁港へとつながっていく早川の源流ポイントです。

dsc04039

水門から東側へ進み、芦ノ湖キャンプ場の中を抜けていくと箱根ロープウェイの桃源台駅に着きます。
シーズン中の週末だけ会って人でいっぱいでした。

dsc04040

桃源台で一休みしてから、芦ノ湖の東側・元箱根へ向かってすすんで行きます。
海賊船の発着場である湖尻港の脇から芦ノ湖遊歩道へ・・・。

 

箱根遊歩道(13:45)~元箱根(14:40)~箱根湯本駅(16:00)

dsc04041

湖畔の遊歩道は多少のアップダウンがありますが、一般車が入って来れないようになっているのでジョグするには良い環境。
湖尻から元箱根まで約5キロほどですが、パワースポットの九頭竜神社や箱根神社、山のホテルや箱根園など寄り道ポイントがいっぱいあるのでマラニックにはぴったりですよ♪

dsc04042

箱根神社の入り口近くで小休止。
箱根神社の駐車場に入るための車で大渋滞していましたが、走ってくれば渋滞の心配もないですね。

元箱根から先は怒涛のロードの下り坂が続いていきます。
あとは湯本まで10キロ弱を駆け下りるだけ!

dsc04044

途中の甘酒茶屋でも一服~♪
ムリすることないペースで進んで行けるのもマラニックの特徴の一つです。

dsc04045

箱根細工の里である畑宿の宿場町の中を疾走していきます。
畑宿を過ぎればゴールの箱根湯本駅まではあと少しです。

dsc04047

箱根の旧道から箱根湯本の温泉街・滝通りを抜けていきます。
このあたりも風情があってイイ感じですよ♪

そしてゴールの箱根湯本へ。
ゴールをした後は箱根湯本駅から徒歩5分の場所にある「弥次喜多の湯」でお風呂タイム。

dsc_1716

箱根湯本駅から歩いていける日帰り温泉としては一番オススメかも?
土日2時間利用で1,200円と若干割高感はありますけどね。

本日の走行距離は約43キロ。
当初想定していたコースでは50キロでしたが、丸一日山の中を走っていたので十分満足です♪

 

アフターラン

 

ランの後は小田原まで移動してみんなで乾杯!

dsc_1717

丸1日走っていたので、多少の食べ過ぎや飲み過ぎても大丈夫?

dsc_1718

やっぱりアフターランの楽しみがあると、多少キツイ走りでも頑張れますね!

箱根の外輪山はトレランするにはもってこいの場所ですよ♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です