荒島岳でトレイルラン! 日本百名山・深田久弥のふるさとは360度パノラマの山です

2015年7月12日(日)、福井県大野市にある荒島岳にトレイルランに行ってきました。

西日本には百名山に挙げられている山は少ないのですが、そのうちの一つが荒島岳です。
日本百名山の著者である深田久弥の故郷でもある素敵な山です♪

 

荒島岳の概要

荒島岳は奥越高原県立自然公園のほぼ中央にあります。
別名「大野富士」とも呼ばれており、福井県内唯一の日本百名山です。
標高700 mを越えるあたりから、登山道はブナの原生林につつまれはじめ、「もちがかべ」と呼ばれる急な登りを越える頃からダケカンバもみられます。
山頂は360度の展望で、北アルプスの峰々から白山、美濃・県内の山々を一望することができます。

荒島岳はだいたいこのあたりにあります。

image-1

深田久弥曰く、荒島岳のことを「気品のある山」と言っています。
ただ、この地が深田久弥の故郷でもあることから選ばれているんじゃないかと言う説の方が強いみたいですが・・・。

【本日登ったピーク】

荒島岳 1,523m

 

コース概要

 

今回のコースはコチラ!

image1

勝原スキー場跡地の駐車場を起点として山頂までを往復するピストンコースです。
ひたすらに登ってひたすらに下ってくるという道に迷いようがないルートとなっています。

 

スタートまで

 

早朝2時30分過ぎに自宅を車で出発。
第二東名で名古屋方面をめざし、名神高速から東海北陸自動車道へ。
東海北陸自動車道の白鳥ICで降りた後、県道158線を西方面へ。
九頭竜湖を眺めながら40キロほど一般道を走ると「勝原スキー場」の駐車場にたどり着きます。

駐車場に到着したのが午前7時45分ごろ。
ここまで約5時間近くもドライブをしてきたので少し疲れちゃいました・・・(-_-;)
(ちなみに走行距離は420キロほどです)

と言っても午後からちょっと予定があるのでゆっくりもしていられません。
早々に支度を整えてスタートします。

 

勝原スキー場駐車場(8:00)~登山口(8:22)~シャクナゲ平(9:00)

 

スタート地点となる勝原スキー場は、すでに廃業していて跡形もありません。
駐車場だけが登山客用に開放されています。

久しぶりに天気のよい週末ということもあり、駐車場はほぼ満車状態でした。
何とか数台残っていたのでラッキー♪

スタート地点の標高は約300mほど。

dsc02008

登り始めはゲレンデ跡地にできた急こう配の舗装路を登っていきます。
朝から強い日差しで暑い。。。

 

舗装路を上まで登りきると元スキー場のリフトの終点までたどり着きます。
ここからは砂利と岩場の道が続いていきます。

dsc01960

 

日差しを遮るものがないので暑い。ダラダラ汗がしたたり落ちます。

dsc01961

 

しばらくこのような岩場の道が続いていくと、ようやく踊り場のような広場に到着。

dsc01962

ここからは登山道に入っていきます。
立派なブナ林が続いていくので、ここからは直接日差しにあたるコトもありません。

dsc01963

やはり日曜日と言うこともあって登山客も多い。

dsc01965

登山道入り口の道標を過ぎると森の中のトレイルに入っていきます。

dsc01966

ひたすらに登り坂が続きます。

dsc01968
ただトレイルは整備されているので歩きやすいです。
トレイルは森の中なので眺望はほとんどありません。

dsc01967

ひたすらに登っていくと「白山ベンチ」という眺望のよい場所に到着します。

dsc01970

遠くには白山が見えます。天気も良いので眺めも良いです。

dsc01971

深谷ノ頭というポイントに到着しました。
といっても看板があるだけで特に変わったところもありません。

dsc01973

基本的にひたすら登り坂です。平たんなトコロやアクセントのある下りとかもありません。
えんえんと同じような道を黙々と登っていきます。

dsc01974

やはり百名山だけあって登山客も多いですね。

dsc01976

ひたすらに登っていきます・・・。

 

ようやくチェックポイントとなる「シャクナゲ平」というポイントに到着。

dsc01979

数グループのハイカーたちが休憩していました。
ポイントと言っても特に何かあるわけでもありません。
ベンチもテーブルも無し。

ちなみに荒島岳のこのルート、山荘どころかテーブルもベンチもありませんので・・・。

 

シャクナゲ平(9:02)~もちがかべ(9:15)~山頂(9:30)

 

シャクナゲ平を過ぎると、少し登り坂が急になってきます。

dsc01980

 

登山道もだんだん細くなってきます。

dsc01981

「もちがかべ」と呼ばれる崖のような登山道をよじ登って上がっていきます。

 

この急な上り坂を過ぎると一気に眺望が開けます。
ふもとの大野平野が一望できます。いい眺めだ~♪

dsc01982

眺望が良くなると楽しく進むことが出来ますね!
山頂まではもう少しです。

dsc01984

目の前に山頂が見えてきました。
トレイルもとても進みやすい♪
自然とスピードも上がっていきます。

dsc01986

山頂の祠が見えてきたぞ!

dsc01988

そして山頂に到着!天気も良くて景色もサイコーです♪

dsc01989

登山道には多くのハイカーがいましたが、ちょうど人の切れ間に登ってきたようで山頂は空いていました。

dsc01993

山頂で休憩中だったハイカーの方にお願いして記念撮影。
背後に白山がはいるように写真を撮ってもらいました。

dsc01998

山頂付近にある360度の案内盤。山頂からはパノラマの形式が楽しめます。
あまり馴染みのない山がいっぱい。遠くへ来たもんです。

dsc01995

白山が綺麗に見えます。山頂付近は残雪がいっぱい残っていますね。
明日は白山にチャレンジする予定です。

dsc01996

山頂まで約1時間40分ほどで登ってきました。
午後に予定があるので小休止した後、来た道を戻ります。

 

山頂(9:40)~シャクナゲ平(10:00)~駐車場(10:35)

 

絶景の中、気持ちよくすすんで行きます♪

dsc01999

下りは登り以上に気を使います。
ハイカーも多いのでゆっくり行かないとね。

dsc02000

それでもどうしてもスピードはでちゃう!
ただ足元は結構ドロドロなので滑りやすい。

dsc02001

一気に登山口入口まで戻ってきました。
だいたい登りの半分くらいの時間で降りてくることが出来ます。

dsc02003

森林を抜けると強い日差しが降り注ぎます。
おそらく30度超えてるでしょうね・・・。(-_-;)

dsc02006

さぁ、ゴールが見えてきました~♪
急坂を一気に下り降りていきます。

dsc02007

そしてゴールの駐車場に到着。もう下界は鬼のようなクソ暑さ。
じっとしていても汗が噴き出てきます。

 

アフターラン

 

この後は諸用で金沢まで行かなければなりません。
汗ふいて着替えてとっとと出発することにしました。慌ただしいですね・・・。

今回の行程距離は往復で約9キロほど。累積標高差1,210mでした。
標準コースタイムが5時間40分のところ、2時間40分でピストンしてきたので圧縮率47%!
目標の60%はクリアできたのでOK!

このルートは山頂付近の眺望は良いのですが、あとは森の中をひたすら登るだけor下るだけなので、正直あまり面白くないかも?
山小屋もベンチもテーブルもないので・・・。

まぁ、とりあえず12座目制覇というコトで・・・(^o^)丿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします