北岳でトレイルラン! 日本の2番目に高い山で雨にも風にも負けずに走ろう♪

2015年8月29日(土)、山梨県の南アルプス・白峰三山にSHMCクラブのトレランAチームメンバーでアタックしてきました!
今回は北岳と間ノ岳の2つの百名山を1日で制覇します!

まずは北岳からアタック!
※後半はコチラ

間ノ岳(19座目)@百名山チャレンジ

 

北岳の概要

 

北岳は山梨県の南西部、南アルプス地区にあります。

kitizi

北岳は「きただけ」と読みます。

北岳は富士山の次に高い日本第二の高峰です。
ちなみに火山でない山としては日本で最も高いのだそうです。
北岳は、すぐ近くにある日本百名山・間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに白峰三山(しらねさんざん)と呼ばれており、「南アルプスの盟主」と言われています。

かの深田久弥いわく

奇矯な形態で、その存在を誇ろうとするところもない。
それでいて高い気品をそなえている。
つつましく、しかし凛とした気概をもって立っている。奥ゆかしい山である。
富士山の大通俗に対して、こちらは哲人的である。

日本で二番目に高い山でありながら、その存在を知っている人は少ないかもしれません。
ただ、登山家にとっては北岳は外すことのできない山の一つですね。

 

コース概要

 

今回のコースはコチラ!

kita kitahyoukou

 

まずは車で登山口である奈良田温泉の無料駐車場に向かいます。
マイカー規制のため、奈良田温泉から登山口である広河原ビジターセンターまではバスを利用。
広河原登山口から北岳までは3ルートあるのですが、そのうち一番北側の御池小屋コースで登山道を登っていきます。
北岳からは稜線沿いに、間ノ岳、中白根山、西農鳥岳、農鳥岳のピークを越えながら南へと進みます。
農鳥岳の先、大門沢下降店から標高差2,200mを一気に下ります。この下りがクセモノ!
そして車を停めてある奈良田温泉まで帰ってきます。
総距離約25キロ、累積標高差は3,000m弱ほどの行程です。

 

スタートまで

 

今回の百名山チャレンジは、湘南ホノルルマラソン倶楽部のトレイルランAチームのみんなと一緒に行く企画です。
今回の企画はもちろん自分。参加してくれたメンバーも強者ぞろいのメンバーです。

朝一番のバスで行動したかったので、前日の夜のうちに集合して静岡県富士宮市にあるスーパー銭湯「富嶽温泉 花の湯」で仮眠することにしました。

f010a8d5-1024x658

夜間利用(18:00~翌2:00)までの利用料は大人1,300円ですが、JAF割引で1,170円で利用できます。
館内着やバスタオルなどもセットになっていますし、中には仮眠スペースやレストランもあるのでお得です。

夜ご飯を済ませて夜9時前には仮眠スペースへ。翌朝2時前には準備をして出発です。
(ちなみに午前2時を過ぎて利用すると2,000円の深夜料金が追加されます。)

コンビニで当日集合のメンバーを回収してみんなでそろって奈良田温泉を目指します。
富士宮から奈良田温泉まではすべて一般道。約80キロ弱の道のりを2時間ほどかけて移動しました。

奈良田温泉駐車場に到着したのは午前4時ごろ。
バスの時間は午前5時30分なので、しばらく車の中で休憩。

dsc02513

バスの時間20分ほど前から準備を開始。荷物や装備を確認します。

当日の天気予報は曇り時々雨。降水確率50%という微妙な予報です。
しっかりと雨や寒さ対策をしていきます。

dsc02514

奈良田のバス停には水場や水洗トイレもあります。
ただ、本数は少ないので注意が必要です。
定刻どおりに2台のバスがやってきました。

バスの利用料金は奈良田~広河原までマイカー規制協力金含めて1,130円。

dsc02517

奈良田バス停では雨は降っていなかったのですが、広河原ではポツポツと雨模様。
どうしようか迷ったのですが、ここでレインウェアを着ておくことにします。

広河原ビジターセンターの中はハイカーでいっぱいです。
晴れていればもっと人が多かったんだろうなぁ…。

dsc02519

広河原バス停で記念撮影。
本日参加してくれたメンバーは自分を含めて6名です。
皆さん、フルマラソンも3時間半を切る猛者揃いのメンバーばかりです。

準備を整えて早速スタートします!

 

広河原(6:30)~白根御池小屋(7:55)~北岳肩ノ小屋(9:25)

 

広河原ビジターセンターから少し歩道を登ります。
目の前にゲートがありますが、ここから先は北沢峠へと抜けていく林道です。

dsc02521

ちょっと林道を登りすぎてしまいました。早めに気づいて少し戻ります。
この吊橋を渡って対岸に渡ります。

dsc02522

吊橋の先の山荘を過ぎれば登山道に入っていきます。
小雨だった雨も次第に本降りの雨に変わっていきました。

dsc02525

登山道わきの渓流も水が多いです。
天気予報では曇りだったので、標高が上がって雲の上に出ることを期待しながら先へ進みます。

dsc02527

北岳へのルートは幾つかあるのですが、今回は白根御池を経由するルートを登っていきます。

dsc02528

だんだん雨が強くなり、カメラのレンズもビショビショ。。。(; ・`д・´)

dsc02530

木道もその周辺も泥だらけで非常に滑りやすいです。
気を付けて登っていかないと・・・。

dsc02531 dsc02536

雨で視界は不良ですが、このような山行も幻想的です・・・よね?

dsc02533

途中のチェックポイントである白根御池小屋に到着しました。
雨でビショビショなので少し休憩します。

dsc02537 dsc02538

 

温度計を見ると気温は14℃。
まだまだそこまで寒くはありませんが、体が濡れていると低体温症になるので油断はできません。

dsc02539

少し多めに着込んでいきます。

dsc02541

白根御池の表面も雨のしずくでいっぱい。
週末ですが、やはり天気が悪いので登山客は少ないです。

dsc02542

御池小屋からは草スベリという急坂を登っていきます。

dsc02544

上から降りてくる人とすれ違いざまに「上の様子はどうですか?」と聞くと「こんな感じです」とのこと。
うーん、ちょっと残念。。。(;´Д`)

dsc02545

草で下半身がビショビショ。

dsc02548

小太郎尾根との分岐の手前まで登ってきました。
ここから先は勾配が少し緩やかになります。

dsc02549

下から登ってくるのもつらいですね。

dsc02550

稜線沿いを先へ先へと進んでいきます。

dsc02552

分岐に到着。山頂まではあともう少しです。

dsc02553

途中でクサリ場の様な急な登りもありました。
雨で岩が滑りやすくなっているので気を付けて登ります。

dsc02554

他の登山者の皆さんも雨の中を黙々と進んでいきます。

dsc02556

北岳肩の小屋に到着しました。
標高も3,000mを超えて気温もぐっと下がりました。
そんなに強くはないですが雨も降っているので余計に寒く感じるかもしれません。
ただ、風は強くないのでその点だけは良かったです。

dsc02557

この小屋はそんなに大きくないので登山客でいっぱいでした。
中に入るには何か注文して上着を脱がないといけないので、中には入らずに外のスペースで少しだけ休憩です。
あまりゆっくりしすぎると体が冷え切ってしまうので、少しだけ休憩をして先へと進みます。

 

肩ノ小屋(9:40)~北岳山頂(10:05)~北岳山荘(10:45)

 

肩ノ小屋の脇が登山道になっています。

dsc02559

しばらくすると両俣小屋への分岐に出ます。
この両俣小屋方面へと降りていくと仙丈ケ岳方面への稜線に続いていきます。
今日は北岳方面へと進んでいきます。

dsc02560

北岳への最後の登りは岩場が続きます。

dsc02561

下からどんどん登ってきます。

dsc02563

山頂まではもう少しです。

dsc02564

そして山頂に到着しました。
山頂では2組ほどのハイカーグループが記念撮影をしていました。
・・・あとから来ている人がいるのに長時間にわたって山頂を独占し続けるマナーの悪さに辟易です。。。(-_-メ)

dsc02565

山頂の三角点。

dsc02566

ようやく山頂が空いたので記念撮影。
眺望は全くありませんが、何はともあれ登頂成功です。

dsc02568

これで18座目を制覇!

dsc02573

本来であれば360度パノラマの景色が楽しめるのですが、今日はあいにくのお天気のため全く何も見えません。
まぁ、次に来るまでのお楽しみということで・・・。
必ずリベンジに来よう!(∩´∀`)∩

dsc02575

山頂にいても何も見えないので先を急ぐことにします。

dsc02576

北岳山頂からは少し下ります。
岩場を下るので慎重に・・・。

dsc02578

急なポイントには木ハシゴなどがかかっています。

dsc02579

岩場続きの稜線を歩いていきます。
天気が良ければ最高の稜線歩きなのですが…。

dsc02580 dsc02582

それでも高地ならではの風景を味わうことができました。

dsc02581

そして北岳山荘に到着。
特に疲れてもいなかったので、山荘には寄らずに先へ進んでいくことにします。

ここから先は後半部分へつづく・・・。

間ノ岳(19座目)@百名山チャレンジ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1 個のコメント

  • 間ノ岳(19座目)@百名山チャレンジ | トレイルラン | 気の向くままに走ってます♪トレイルランで百名山! より:

    […] 北岳(18座目)@百名山チャレンジ […]