【レビュー】ウエーブエアロ15はサブ3.5ランナーにおススメのトレーニングシューズです♪

ランナーにとってシューズは非常に重要なアイテム。

本格的にマラソンを始めてから自分はずっと「ミズノ派」なのですが、ミズノのシューズ一つとってみても色々な商品があります。

数多くのラインナップがある中で、トレーニングシューズとして私が愛用しているのが「ウエーブエアロ」シリーズ。

2017年の1月に新色のオレンジ×シルバーが発売されたので、早速ゲットしました!

ウエーブエアロはレーサーモデル?

ミズノのホームページには、使う人のレベルに合わせたコンセプトチャートの表があります。

ミズノ 公式ホームページより

ミズノ公式ホームページ ランニングシューズコンセプトチャート

この表でみるとウエーブエアロは「レーサーモデル」ということになります。
ただ、実際に履いて走ってみるとガチガチなレーシングモデルではありません。

ランニングを始めたばかりのランナーであれば少しクッション性が足りないかなぁと思うかもしれませんが、そこそこ走れる人にとっては「レースにはちょっと物足りない」と思うくらいかな。

ウエーブエアロ15の重量は230グラム。
エントリーモデルの代表格であるウエーブライダー20は290グラムなので、エントリーモデルと比較すると2割以上軽量です。

ミズノのホームページによると

軽さとクッションのバランスに優れた、レース&トレーニングモデル

というコンセプトのモデルになっています。

 

実際に走ってみた!~適度なクッション性があってトレーニングにちょうどイイ~

さっそく実際にウエーブエアロ15で走って感触を確かめてみました。

シューレース(靴紐)は愛用のニューバランスのコブツキ。

[amazonjs asin=”B01NBAQV9E” locale=”JP” title=”(ニューバランス)new balance PJ045 SURE-LACE 114cm ユニセックス”]

早朝3時過ぎから10キロほど軽めのジョグで感触を確かめてみました。

【クッション性】

クッション性については「重すぎず軽すぎず」という感じ。
クッション性が高いシューズはふわふわした感じがしてしまうのですが、このシューズはしっかりと地面の凹凸まで感じられます。
それでいてちゃんと衝撃も吸収してくれるので負担も少ない。
自分にとってはちょうどいい感覚です。

【ホールド感】

比較的浅めの設計になっているので、靴ひもをしっかりと締めていないと脱げてしまうかも?
くるぶし下の隙間が結構あるので、不整形地を走るのはおススメではありません。

【スピード感】

軽量モデルであるのでスピード感はあります。
そこそこスピードに乗って走るトレーニング(ビルドアップなど)には向いているでしょうね。

【総評】

歴代のウエーブエロシリーズは8~15まで7代にわたって使っていますが、今回の15はかなりバランスが取れていると思います。
重すぎず、それでいてクッションもある部分がかなり高評価ですね。

トレーニング用に何足か持っておきたいアイテムの一つかな。

サブ3.5のトレーニング、サブ4ランナーのレース向き

おそらくサブスリーランナーにはウエーブエアロは物足りないかもしれません。
サブ3.5クラスのランナーでも本番レースにはもうちょっとレーシングタイプのシューズの方がいいかなと思います。

ただ、走り込みのためのトレーニングにはこのくらいのモデルがちょうどいい!

▼サブ3.5クラスのランナーのトレーニング
▼サブ4クラスのランナーのレーシングモデル

といった位置づけで選んでもらえるといいかなぁと思います。

個人的には、数あるミズノのモデルの中で一番使っているおススメの商品です!

[amazonjs asin=”B01G8LMOUI” locale=”JP” title=”ミズノ ランニングシューズ ウエーブエアロ 15 メンズ J1GA1635″]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です