沼津アルプスでトレイルラン♪~標高は低いけどアップダウンが多くてトレーニングになります!~

2015年9月22日、湘南ホノルルマラソン倶楽部のトレイルランイベント「沼津アルプストレイルラン」を企画!

沼津アルプスは神奈川からでもアクセスが良いトレランコース。
標高は低いですがアップダウンが多いので、冬場でもトレーニングできそうな良いコースです。

温泉や観光スポットも多いので見どころ満載ですよ!

 

駅からもアクセスが良い沼津アルプスおすすめのコースはコチラ!

 

本日のコースはコチラ!

dsc_0260-1024x576

 

今回の目的地は沼津アルプスと呼ばれるエリア。
地元の山の愛好会さんたちが整備を行い、「沼津アルプス」と名づけたのが由来です。
JR沼津駅をスタートして香貫山から南へ横山、徳倉山、志下山、小鷲頭山、鷲頭山、大平山と続く山稜線を進んでいきます。
沼津アルプス7山を巡った後、もうちょっと足を延ばして大嵐山まで。
そこから下山して狩野川を河川敷沿いに南下して有名な温泉地である伊豆長岡をゴールに設定。
総距離は約17キロ。一つ一つの山は低いですが、アップダウンが激しいので累積標高差は1,500mオーバーとなりました。

ただ、ゆっくりとユルランだったのでハイキング感覚で楽しんできました♪

 

沼津駅がスタート!駅からそのまま走れますよ

 

小田原駅午前7時30分過ぎのJR東海道線にのり、伊豆半島の付け根にある沼津駅に午前8時30分に到着。
今日は朝からいい天気なのでトレラン日和です。

dsc02681-640x480

まだ朝早かったですし休日ということもあって駅前の人通りは少なめでした。

本日の参加者はビジター1人を含む14名。女性陣は2名参加です。
恒例のシューズ円陣でスタートします。

dsc02682-640x480

天気が良いので水分をしっかりと補給してからスタートします。

 

沼津駅から香貫山入り口まではロード

 

沼津駅から香貫山登山口までの約2キロはロードを進んでいきます。
沼津駅南口をスタートしてから歩道橋を渡り、狩野川の河川敷を進みます。

dsc02685-640x480

狩野川の向こうに見えるのがこれから登る沼津アルプスです。

dsc02686-640x480

道路の脇にある香貫山への登山口。ちょっと気を付けないと見落としてしまいそうな場所です。

dsc02689-640x480

5分ほど登ると駐車場に出ます。ここには五重塔やトイレなどもあります。
沼津アルプス唯一の売店もあります。(この先で補給できる場所はほとんどありません)

dsc02691-640x480

駐車場のわきから香貫山山頂へと続いていく登山道に入ります。
連休で混んでいるかと思ったのですが、ハイカーなどは少なかったですね。

 

香貫山から横山、徳倉山まではゆるやかなアップダウン

 

少し急こう配な登山道でしたが、あっという間に最初のピーク「香貫山(かぬきやま)」に到着。
標高は193m。
沼津アルプスの山頂にはこのような手作り感満載の道標が建っています。

dsc02694-640x480

香貫山の脇から少し眺望が開けているところがあります。
正面に見えるのが沼津アルプスの山々。
この稜線沿いを進んでいくカタチになります。

dsc02695-640x480

右手には駿河湾がみえます。正面中央に見えるのは沼津漁港。
このあたりはお魚が美味しいので有名です。

dsc02698-640x480

香貫山からいったん下ります。
沼津アルプスの山々は、登っては下るの繰り返し。
ですので一つ一つの山は低いのですが、アップダウンが激しいので結構ハードかもしれません。

dsc02697-640x480

香貫山からとなりの山稜までは少しロードを走っていきます。

dsc02700-640x480

 

1キロほど走ると再び沼津アルプスへの登山口があります。
「いのしし注意」と書いてありますが、登山道の脇にはイノシシが掘ったであろう穴がいたるところにあいていました。

dsc02703-640x480

今日は天気が良くて暑いくらい。30℃近くまで気温は上がるみたいです。
ただ、山の中に入れば木陰で涼しく感じます。
ときおり海から吹き上げてくる風が気持ちよく感じました。

dsc02704-640x480

ここでも急こう配の坂が続いていきます。
距離は短いのですが、一つ一つの山の登山道は山頂に向かって真っ直ぐに伸びているので、登るのが結構キツイ。

dsc02706-640x480

木の根っこがいっぱいの坂道を登っていきます。

登り切ってしまえば、後は緩やかなトレイルを快調に飛ばしていきます。

dsc02707-640x480

2つ目のピークの「横山」に到着。
標高は183mです。
ここからの眺望は全くありません。少しだけ休んで先へ行きます。

dsc02708-640x480

横山から先も少し下っていきます。

dsc02710-640x480

雲が少なければ富士山も見えたのですが・・・今日はザンネン(ToT)/~~~

dsc02709-640x480

分岐で迷わないように・・・

dsc02711-640x480

いったん下った後は再び登り返していきます。この繰り返し…。

dsc02713-640x480

岩に掴まりながらよじ登っていきます。がんばれー!

dsc02712-640x480

そして3つ目のピーク「徳倉山(とくらやま)」に到着。
この山頂は少し広くなっていて草原もあります。
ちょっとここで長めの休憩。小腹も空いてきたのでパンでも食べよっと。

dsc02716-640x480

メンバー一番の自由人リカちゃんは横になって昼寝zzz…(´-ω-`)

dsc02717-640x480

 

志下山から小鷲頭山、鷲津山、大平山といくつもピークを越えていきます

 

徳倉山で小休止した後、再び次の山を目指します。
ここから先も急こう配の下りが続いてきます。

dsc02719-640x480

ロープも張られているので気を付けて降りていきましょう。

dsc02722-640x480

降りてしまえばなだらかなトレイルが続いていきます。

dsc02724-640x480

トレイルの途中で眺望が開けます。
これから目指す小鷲津山と鷲津山、駿河湾には淡島が見えます。

dsc02727-640x480

景色を目の前にしてたたずむ綺麗ドコロのお二人♪

 

・・・と思っていたら4つ目のピーク「志下山(しげやま」に到着。
ここもほとんど眺望がありません。ちなみに標高は214m。
道標が建っていなかったら通り過ぎていたかも?

dsc02728-640x480

志下山の先もいったん下ってからまた登り返します。

dsc02729-640x480

登っていく途中で、大きな岩稜をくりぬいた史跡に到着しました。

dsc02732-640x480

ここは平清盛の五男である平重盛が落ちのびてきて暮らしていたと言われる岩屋です。
平重盛はここでしばらく生活をしていた後、この先の小鷲津山の山頂で切腹して自害をしたそうです。

dsc02733-640x480

この岩屋の手前に見える木は大正天皇がお手植えした植樹ということ。

岩屋の先も急こう配の坂を登ります。

そして5番目のピークである「小鷲津山(こわしづやま)」に到着。
標高は330m。木々の間から駿河湾が見えます。

dsc02734-640x480

小鷲津山からは次の鷲津山までは比較的スグに到着します。

dsc02735-640x480

ちょっとした登りをすすめばあっという間に到着。

6番目のピーク「鷲頭山(わしづやま)」に到着。
この鷲津山が沼津アルプスの最高峰で392mあります。

dsc02737-640x480

ここでもちょっと長めの休憩。
少し広くなっていてベンチなども数脚あります。

dsc02738-640x480

山頂からは伊豆の街並みが一望できます。
右手に見えるのがこれから進んでいく山稜です。

dsc02740-640x480

一息ついた後、先へと進んでいきます。

dsc02741-640x480

ここから少し分かりにくい道になります。
本日のグループリーダーのゆうちゃんが頼もしい(∩´∀`)∩

dsc02742-640x480

多比峠の分岐点。ここから降りればバス停に出ます。
自分たちはまだまだ先へ行きますよ~♪
dsc02744-640x480

ヤセ尾根を進んでいきます。

最後の山頂まではもう少し!

dsc02746-640x480

そして沼津アルプス最後のピークである「大平山」に到着。
標高は356mです。

dsc02748-640x480

ここで少し遅れているメンバーを待ちます。
ほとんど眺望はありません。

dsc02749-640x480

それでもとりあえずは沼津アルプス全山制覇しました~(∩´∀`)∩

ちょっと一休みしたあと、もうちょっとだけ先へ行くことにします。

 

プラスアルファで大嵐山へ寄ってから狩野川沿いを伊豆長岡温泉へ

大平山から先は「奥アルプス」と呼ばれている?そうです。

dsc02752-640x480

この稜線にそって下山していきます。

dsc02755-640x480

さすが奥アルプスと呼ばれるだけあって色々なアクションが必要になります。
岩をよじ登ったり、崩れているトレイルをまたいで行ったり・・・

急勾配の坂を上った先には梯子がかけられていたり・・・

dsc02757-640x480

ヤセ尾根沿いの岩稜地帯もあったりと楽しいポイントが満載です♪

dsc02761-640x480

トレイルの脇には大きな白いキノコ♪
チェックポイントとなる大嵐山(日守山)まであと少し!

dsc02764-640x480

トレイルから大嵐山にはいるポイント。
この柵の隙間を通らなければなりません。

スリムビューティーなら大丈夫?

そして大嵐山(日守山)の山頂広場に到着です。

dsc02765-640x480

この山頂付近には展望台があって街並みを一望できます。

dsc02766-640x480

大嵐山から先ももう少しだけトレイルが続きます。
それにしてもトレイルの入り口が分かりにくい。
この柵の少しくぼんだ所が進入口です。

dsc02768-640x480

立派な竹林の中を抜けていきます。

dsc02771-640x480

途中で茶臼山と呼ばれるピークに着きましたが、全く山頂っぽくない。

dsc02769-640x480

そしてこの先でようやくトレイルが終了。

dsc02773-640x480

トレイルを下れば車道に出ます。

dsc02775-640x480

連休中ということもあってクルマどおりが多いです。

この先は狩野川の河川敷を伊豆長岡方面に向かって南下します。

dsc02777-1-640x480

ふと振り返れば今日走ってきた稜線が一望できます。
こんなにアップダウンを繰り返してきたんですね。

 

河川敷沿いには彼岸花もキレイに咲いていました。

dsc02779-640x480

河川敷を下るコト約4キロ。ゴールである伊豆長岡温泉に到着♪

ゴールでは恒例の右足のシューズ円陣。
長岡のシンボルプレートを囲んでみました。

dsc02780-640x480

 

アフターランは伊豆長岡温泉でゆったり♪

 

せっかく伊豆長岡温泉まできたので温泉に入りたい!

・・・ということで日帰り入浴できそうな温泉施設を探したのですが、なかなかそういう施設がありません。

いろいろ調べていると「弘法の湯」というところが16時以降であれば1,000円で利用できるというコト。
近くのスーパーでビールを買って飲んで時間調整した後、日帰り入浴してきました。

[blogcard url=”http://www.koubounoyu.jp/”]

中庭がきれいでした~♪

dsc02784-640x480

施設は源泉かけ流しのお風呂が内湯1つに露天が1つ。岩盤浴もあります。
タオルに浴衣もついていますので手ぶらで利用が可能です。ちょっと駅から遠いのが難点かな?

お風呂に入った後は伊豆長岡駅まで徒歩で移動。
伊豆急行線で三島駅まで移動して、三島駅前の居酒屋で懇親会しました。

ちょっと飲み過ぎてしまい帰りの電車では爆睡です。
とっても楽しい一日になりました(*´з`)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします