訪れた人しか分からない!~魅惑のユーシンブルーと紅葉の丹沢の美しさは言葉を失うぜっ♪

日本には数多くの素晴らしい景色のスポットがありますが、まさにユーシン渓谷はそのうちの一つ。

見る人の心を奪わずにはいられないユーシン渓谷の水の蒼さ、通称「ユーシンブルー」と呼ばれる秘境を知っていますか?

最寄りの駐車場から2時間近く歩かなければたどり着けない絶景のスポットです。

2015年11月7日(土) 湘南ホノルルマラソン倶楽部のトレイルラン企画「紅葉の丹沢と魅惑のユーシンブルー♪」を企画

今回の企画はワタシの持ち込み~(^o^)丿
紅葉シーズンのトレイルはふかふかでサイコーですし、何といってもユーシンブルーの美しさをクラブメンバーにも知ってほしかったんです。

 

今回のコース

 

丹沢の秘境「ユーシン渓谷」はだいたいこのあたりにあります。

yushinmap

都内から最寄駅の小田急線渋沢駅までは1時間ちょっと。
クルマなら東名高速道路大井松田ICを降りてから1時間ほどで最寄りの丹沢湖・玄倉駐車場まで行くことが出来ます。

都心からのアクセスも良いので最近はとっても人気のスポットです。

ちなみに今回のコースはコチラ!

image1 image11

ハイキングなら丹沢湖から行くのが近いのですが、トレイルランナーなら丹沢を超えていきましょう!

小田急小田原線の渋沢駅に集合してランorバスで丹沢の登山口である大倉へ移動します。
大倉から通称「バカ尾根」という表尾根登山道を登り、丹沢の名所・塔ノ岳へとすすみます。
山頂からは裏尾根へとすすみ、丹沢の秘境・ユーシン渓谷へ。
ユーシンからはいくつも隧道を抜けて玄倉の丹沢ビジターセンターを目指します。
玄倉からはランorバスでJR東海御殿場線の谷峨駅まで。そこが本日のゴールです。

自分は自宅から集合場所までランで行ったので総行程44kmのラン。
一番短い人でも大倉から玄倉までのランなので総行程は22kmほどかと思います。

 

スタート地点まで自宅からランで向かいます

 

朝6時30分過ぎに自宅をスタート。
集合場所は小田急線の渋沢駅なのですが、電車は使わずに家からランで向かいます。

渋沢駅までは約10kmほど。ちょうど良いウォーミングアップ♪

dsc03052

渋沢まで向かう道は渋沢丘陵というアップダウンが多少ある峠道。

dsc03053

渋沢丘陵から見える大山や丹沢の山々。
今日は晴れるといいなあ(^o^)丿

dsc03054

渋沢駅には午前7時30分過ぎに到着。
集合時間は午前8時だったのでちょっと早かったかなぁ・・・と思っていたのですが、もう既に2名ほどメンバーが到着していました。
これから向かう塔ノ岳も綺麗に見えます。

dsc03055

集合時間にはほとんどメンバーが到着。
渋沢駅から登山口の大倉までは約4kmちょっとの行程。
ただずっと登り坂なので、体力温存のためにバスで向かうチームとランで向かうチームに分かれます。

もちろん自分はランチーム。5名ほどはランで向かいます。

dsc03056

8時30分過ぎには大倉登山口である秦野戸川公園どんぐりハウス前に到着~♪
大倉に直接集合したメンバー1名を加えて14名が集合です。
(Y隊長は遅れて合流しましたので、合計で15名のチームです。)

dsc03057

恒例となった左足でのスタート円陣。
カラフルなシューズで面白いですね~!

 

大倉からバカ尾根を経て塔ノ岳へ

 

大倉でトイレ休憩や荷物準備をした後、8時40分ごろに大倉を出発します。

dsc03059

まずは車道のキツイ登り坂をランですすみます。
もう歩いている人も・・・(-_-;)

dsc03060

アスファルトの車道から登山道へ入ります。
登山道に入ってすぐに大きな袋にはいった砕石がおいてあります。
ここから2㎞ほど登った先まで砕石をボランティアで運びます。
こういった石を使って登山道の整備をするんですね。
私たちも協力したいと思いまして、両手に石を一つづもって登っていきます。

dsc03062

雲は多いですが、天気も良くて最高の登山日和です。

dsc03063

まず最初の山小屋である「見晴茶屋」に到着。
一昨年登った時はここでおもちを振舞っていました。

dsc03064

振り返れば秦野の町が見渡せます♪

dsc03065

ここから先は本格的な登山道に入ります。

丹沢の表尾根は通称「バカ尾根」と呼ばれています。
バカみたいにずっと登り坂が続いていくので、そんな呼び名がついたのだとか。

dsc03066

そして2kmほど進んだ先に、先ほどあった砕石を回収する袋が置いてありました。
ここに先ほどの砕石を置いていきます。
ご協力、ありがとうございました~!(^^)!

dsc03068

ここから先もキツイ登り坂が続いていきます。

dsc03072

そして途中の駒止茶屋に到着。
まだまだ先は長いぞ!

dsc03070

頑張って登っていきますよ。

dsc03071

丹沢の上の方の紅葉は今がシーズンです。
ハイカーの方たちもいっぱい居て登山道は混雑していました。

dsc03073

森林地帯から見晴らしの良い丸太階段へ。

dsc03076

めちゃくちゃ長い丸太階段を登りきれば花立山荘に到着します。
山荘から振り向けば秦野の町が見渡せますよ!

dsc03077

このあたりの山肌の紅葉は終わっちゃったかな?

dsc03078

まだまだ先へ進みます。
今日は風が強くなかったのでそれほど寒くはありません。

dsc03080

金冷やしの分岐に到着。
塔ノ岳の山頂はもうすぐです。

dsc03082

そしてようやく塔ノ岳の山頂に到着しました。
山頂は多くの人たちで賑わっていました。

ただガスがかかっていたので山頂からの眺望は全くありません。ザンネン(>_<)

dsc03083

何も見えない・・・。

dsc03084

お腹も空いたので山頂の山小屋「尊仏山荘」でカップラーメンをいただきました。
ホットコーヒー400円に対してカップラーメンは350円。
とってもリーズナブル?

dsc03085

山小屋で一息ついた後、山頂からユーシン方面へ向かいます。

 

塔ノ岳から熊の木沢を抜けてユーシン渓谷へ

 

山頂からはしばらく木階段や丸太階段を下って行きます。

dsc03086

200mほど下ったところに水場があります。

dsc03087

丹沢の水場は枯れてしまっているところが増えているようです。
貴重な水場です。

dsc03088

山頂はガスっていて何も見えませんでしたが、少し下ればある程度は視界が開けてきます。

dsc03089

木階段が終われば極上のふかふかトレイルが続いていきます。
足への負担も少ないので大好きです。

ただ落ち葉に隠れて石や木の根っこがあるので、気をつけないと足をくじいてしまいますよ。

dsc03090

紅葉も綺麗です。そんなに寒くも暑くもなくトレランするにはベストコンディションです。

dsc03092

あれ・・・?後続が来ないぞ。
どうやら一人足をくじいてしまったようです。
心配しましたが、たいしたことなくて大丈夫のようでした。
山ではエスケープすることが難しいので、ケガには気をつけないと・・・。

気を取り直して、みんな楽しく走っていきます♪

dsc03094

写真を撮っていたら置いていかれそう。待って~(>_<)

dsc03095

下りのトレイルも900mくらいまで降りてくればいったんおしまいです。
熊の木沢という枯れ沢に出てきます。

 

ユーシン渓谷のユーシンブルーは絶景!

 

枯れ沢は名前のごとく水がありません。

パッと見は川に見えるんですけどね。

dsc03096

枯れ沢を対岸へとすすんで行きます。
対岸から先はトレイルの林道です。

dsc03097

枯れ沢に紅葉が映えますね!

dsc03098

落ち葉でふかふかのトレイルを走っていきます。

dsc03099

枯れ沢から2~3kmほど進むと上流の玄倉ダムへ到着します。
ダムにせき止められて水がたまっているのですが、その水がエメラルドに輝いています。
人呼んで「ユーシンブルー」と言われる丹沢の秘境です。

dsc03101

みんな感動して写真をパチリ♪
神奈川にも見どころが多いのですよ!

dsc03102

さらに先にはこのような大きな隧道もあります。
大きな岩をくりぬいて通れるようになっています。

dsc03104

日が差し込む落ち葉のトレイルを気持ちよく走ります。

dsc03105

川のせせらぎも心地よいです。

dsc03110

渓流脇から流れ込む滝のマイナスイオンを浴びてリフレッシュ♪

dsc03111

さらに進めば下流にもダムがあります。

dsc03116

ここのダム湖もユーシンブルーです。
紅葉の赤と湖の蒼のコントラストが美しい♪

dsc03115

ダムの方はちょっと人工物っぽいのが玉にキズ・・・(-_-;)

dsc03117

このダム湖の先にはながーいトンネルがあります。
このトンネルは非常に長く電気もないので真っ暗です。

dsc03120

ライトが無いと真っ暗です。
いったん全員のライトを消しましたが、ホントに全く見えません。
写真を撮りましたが、黒いだけなので・・・。

dsc03121

このトンネルから先は舗装された林道へ出ます。

dsc03122

車止めのゲート。
この駐車場から先ほどのダムまでは2キロほど。
歩いていけない距離ではないので、走れる自信のない方はここまで来るまでくればユーシンブルーを観ることはできますよ。

dsc03125

まだまだ元気なメンバーです!

dsc03123

そして駐車場から3キロほどで丹沢湖に到着しました。

dsc03126

ビジターセンターのバス停に到着。
バスで駅まで行く人はここがゴールです。

dsc03127

とりあえずいったんゴールなので、恒例の右足での円陣です。
お疲れ様でした~♪

dsc03128

玄倉のビジターセンターからランで駅まで行くチームとバスで戻るチームに分かれます。
ラン組は玄倉バス停から谷峨駅まで約8キロのコースを進みます。

dsc03130

基本的に下り坂なのでドンドンスピードを上げて快調に飛ばします。

dsc03131

そしてゴールの谷峨駅に到着。
バス組も駅で待っていてくれました!
駅に到着したのは15時30分過ぎ。15時54分の電車に乗って帰路に着きました。

みんなは山北駅の公営温泉・さくらの湯によっていくようでしたが、自分は夜に仕事上の予定があったのでここで別れました。

やっぱりトレイルは気持ち良いですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします